花かんむり

Flower Crown

img_hanakanmuri_01.jpg

<フェミニンタイプ>

お花ぎっしりつまったフェミニンな花かんむりです。

組み始めの最初と最後を大きな輪っか作ってリボンを通すことができます。

リボンの素材や大きさによってもイメージが変えることができます。

花かんむりには「ピン留めパーツ」を組み込むことが成功の秘訣です!!

Point!

img_hanakanmuri_03.jpg

<ナチュラルタイプ>

グリーンをメインに、少しの白いミニバラを合わせたナチュラルな花かんむりです。
自然な雰囲気を出すために、グリーンでつなぐ感じで作ります。

*バレッタの作り方

花かんむりを短くすれば、バレッタが作れます。

hanakan01_500-500.jpg

(1)ピン留めパーツを作ります。
地巻(ブラウン)ワイヤー#24を半分の長さにカットにし、小さな輪っかを作ってテーピングします。 ピン留めパーツは、花かんむりを付ける際にヘアピンを輪っかに通して髪に固定させる役割があります。

hanakan03_500-500.jpg

(2)使用するお花とピン留めパーツを準備します。 花を1輪ずつワイヤリングをし、ブラウンのテープでテーピングをしましょう。

hanakan02_500-500.jpg

(3)アーティフィシャルフラワーのワイヤリングはワイヤーが滑って外れてしまうことがありますので、写真のように枝分かれの部分に引っ掛けるようにしましょう。 その際、ワイヤーが見えてしまう場合がありますので、地巻ワイヤーを使用しましょう。

hanakan04_500-500.jpg

(4)まず、先端のお花とピン留めパーツを合わせてテーピングします。ピン留めパーツは花に隠れる位置に合わせます。

hanakan05_500-500.jpg

(5)お花を1輪ずつ繋げてテーピングをします。花の表情を見ながら左右に振りながらリズムを出すことがコツです。
また、花かんむりの上側は着席した際など比較的目につきやすいので、上側は特に意識して作りましょう。

hanakan06_500-500.jpg

(6)花を繋げていきながら、間隔をあけてピン留めパーツを組み込んでいきます。
左右のそれぞれ先端から作り、お互いを繋げて出来上がりです。

hanakan07_500-500.jpg
hanakan08_500-500.jpg

*髪の後ろ側をリボンでとめる場合は、先端の輪っかをリボンのサイズに合わせて作りましょう。

株式会社朝日ワイヤープロダクツ